読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な主婦が色々試してみるブログ

特に取り柄もない主婦です。子育てに向かない私のブログです。日々の事をかいたり、紹介したり、アフィリエイトにも挑戦してみたいと思います…出来るかな…

子育てにイライラしたときに読みたい!すべてのママに贈りたい詩『最後のとき』

f:id:jinsan77:20160725074900j:plain

 
 
Facebookでこんな記事を見つけました。
 
 
「最後のとき(The Last Time)」という詩です。
数年前からFacebookやSNSで広まった英語の詩で、作者は不詳だそうです。
 
この手の詩とかってどこかで読んだことがあったり話題になっていたりで、耳にしている事も多いのですが。
この詩は初めて見ました。
そしてまんまと考えさせられてしまいましたw
 

「最後のとき(The Last Time)」

 

赤ちゃんをその腕に抱いた瞬間から あなたはこれまでとは全く違う人生を生きる

以前の自分に戻りたいと思うかもしれない
自由と時間があって 心配することなど何もなかったあの頃の自分に
今まで経験したことがないほどの徒労感 毎日毎日まったく同じ日々
ミルクを与えて背中をさすってやり おむつを替えては泣かれて
ぐずられて嫌がられて 昼寝をしすぎてもしなくても心配で
終わることのない永遠の繰り返しに思えるかもしれない
 
だけど忘れないで……
すべてのことには、「最後のとき」があるということを
 

f:id:jinsan77:20160725074921j:plain

 
ご飯を食べさせてやるのはこれが最後、というときがやってくる
 
長い一日のあと子どもがあなたの膝で寝てしまう
だけど眠っている子どもを抱くのはこれが最後
 
子どもを抱っこ紐で抱えて出かける
だけど抱っこ紐を使うのはこれが最後
 
夜はお風呂で髪を洗ってやる
だけど明日からはもう一人でできると言われる
 
道を渡るときには手を握ってくる
だけど手をつなぐのはこれが最後
 
夜中こっそり寝室にやってきてベッドにもぐりこんでくる
だけどそんなふうに起こされるのはこれが最後
 
昼下がりに歌いながら手遊びをする
だけどその歌を歌ってやるのはこれが最後
 
学校まで送っていけば行ってきますのキスをしてくる
だけど次の日からは一人でだいじょうぶと言われる
 
寝る前に本を読み聞かせて 汚れた顔をふいてやるのもこれが最後
 
子どもが両手を広げて あなたの胸に飛び込んでくるのもこれが最後
 
だけど「これが最後」ということはあなたには分からない
それがもう二度と起こらないのだと気付くころには
すでに時は流れてしまっている
 
だから今、あなたの人生のこの瞬間にも
たくさんの「最後」があることを忘れないで
もう二度とないのだと気付いてはじめて
あと一日でいいから、あと一度きりでいいから、と切望するような
大切な「最後のとき」があることを
 
 
 
 

 

自分に置き換えてしまう…

 
この詩は作者不詳なのでどんな人が書いたかはわかりません。
でもきっと子育てが一段落して書かれたのでしょうか。
確かにここに出てくるほとんどの事が
「これでおしまい」
って区切りのある事ではなく、
「あ、もうやらなくなっちゃったなぁ」
って後で思わされる事ばかりな気がします。
 
トイレが終わって
「おわったー!」
と呼ばれた時に他の用事をしていると
「自分で拭いてー!」
ってついつい言ってしまいますがそのうち最後のときがきます。
 
「パンツ履かせて」
「洋服を着せて」
「ボタンを留めて」
「靴下履かせて」
 
もー自分でやってよー!!!
ってついつい思ってしまうんですが、最後のときがくるんですもんね。
 
どれも初めて出来た時は大喜びだったのに。
当たり前になると感動が薄れてしまいます。
 
その時は気が付かない事ばっかり。
「こっちは大変だからそれくらい自分でやって! 」
って考えてしまうんですが、子ども達が大きくなった時に凄く寂しくなりそうです。
「あの時やってあげていればよかったな・・・。」
って思っても、もうその時間は戻ってこないんですよね。
 
大きくなっても子どもは子どもだから年齢に応じた悩みは出てくると思います。
でも手が掛かるという意味では大変な時期ってあっという間なんですよね。
自分の時間が欲しいって泣きたくなることもあるけれど、
「最後のとき」を思うとその時その時を大事にしないとなって思えました。