読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な主婦が色々試してみるブログ

特に取り柄もない主婦です。子育てに向かない私のブログです。日々の事をかいたり、紹介したり、アフィリエイトにも挑戦してみたいと思います…出来るかな…

1番じゃなくてもいいよね。

f:id:jinsan77:20160907171906j:plain

 

 

「2位じゃダメなんでしょうか?」

昔蓮舫さんが言ってましたね。
古くてスミマセン。
 
思えば私、いつも1番にはなれずでした。
 
小学生の頃のミニバスは副キャプテン。
中学生の頃の部活は副部長。
委員会は副委員長。
好きになった人にはほとんど彼女がいたり。
仲良くなったお友だちの1番の親友ではなかったり。
 
 
何をやっても1番にはなれなかったです。
 
でもそれが結構都合が良かったりすることもありますよね。
 
元々人の上に立つタイプではありません。
だから副部長とか副キャプテンとかがちょうど良かった気がします。
 
恋愛や友情だって1番じゃない方が気が楽なことだってあるさ。
(これは2番3番ではなくもっと下かも…)
 
 
アハハ、何だか負け惜しみに聞こえるw
最近ひがみっぽいなーw
 
そう考えると主人はよく1番にしてくれたなって思います。
まぁ実はもう1番じゃなかったりする場合もありますが…。
 
「2番目」
って検索に入力しただけなのに、
「2番目の女」
「2番目の恋」
「2番目の彼女」
「2番目の男」
とかそんなのばっかり出てくる。
 
世の中には1番の人の方が少ないんですもんね。
 
先日オリンピックが終わりました。
今回は見ないかなって思っていたのに結局毎日ドキドキしながら見ていました。
 
メダルに届かず悔しがる人。
メダルに届かなくてもベストが尽くせて満足している人。
メダルの色に限らず取れて喜んでいる人。
銀、銅でごめんなさいって謝っている人。
金が取れて喜んでいる人。
 
色んな姿がありました。
私なんて何にも出来ないので、
「金じゃなくて申し訳ないなんて謝る必要ないのに。」
「オリンピックに出られるだけで凄い!」
って思うんですけどね。
どうせだったらメダルが取れて色に関係なく喜んでくれている方が見ていて気持ちいいです。
「1番じゃなくたっていいじゃん!」
って思っちゃいます。
 
でもきっとオリンピックのために4年間練習してきて、金を目標にやってきた人は喜べないんだろうな。
吉田沙保里選手みたいに取れて当たり前みたいになってしまっていると尚更。
 
私には味わったことのないプレッシャーの中で生きている人には
「1番じゃなくてもいいよね。」
って軽々しく言えないか。
 
次はパラリンピック。
もっとテレビで放送してほしいなぁ。
 
 
最後に
 
1番じゃないのは気が楽でいい。
でもあんまり1番になったことが無いから
「1番じゃなくてもいいよね。」
って言えるのかもしれない。
 
このセリフって1番の人が言うと嫌味に聞こえちゃうかもしれないし、その他の人が言うと負け惜しみに聞こえちゃうからあんまりいい言葉ではないかな。

 

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

  • 槇原敬之
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 「ナンバーワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリーワン。」

 

改めて歌詞を見るととっても胸に突き刺さるなぁ。

「もっともっと特別な」かと思っていたら、

「もともと特別な」なのね。

今初めて知ったわ。

 

自分が特別なオンリーワンかはわからないけど、順位に関係なく、周りと比べることなく過ごしていきたいです。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村